ホーム > 印刷用語辞典(か〜こ)

印刷用語辞典

  • あ〜お
  • か〜こ
  • さ〜そ
  • た〜な
  • は〜ほ
  • ま〜も
  • やらわ行
  • A〜L
  • M〜Z
  • 記号・拡張子
カーニング
文字と文字の間隔を詰める(または広げる)こと。QuarkXPressなどのページレイアウトソフトにはこのための機能が装備されており、手動で特定の位置のカーニングを設定することができる。なお、一連の文字列の字間を一括で調整する機能のことをトラッキングという。
解像度(かいぞうど)
画像やプリンタなどのきめ細かさを表す指標で、dpiという単位で表される。dpiは1インチあたりにいくつの点(ドット)があるかを表すもので、この値が大きいほど精細な画像を表現することができる。
階調(かいちょう)
最も濃い部分から最も薄い、白に近い部分までの色の濃淡の変化。調子ともいう。色から色への変化がなめらかに続くものは連続階調という。文字原稿や線画のように黒と白の2階調しかないものは「白と黒の2階調」とよぶ。
解凍(かいとう)
圧縮されているファイルを元の状態に戻すことをいう。展開・伸張ともいわれる。
拡張子(かくちょうし)
ファイル名の末尾に「.jpg」「.eps」のようにピリオドで区切って付ける、通常3~4文字の英数字。ファイルの種類を表すのに使われる。
掛け合わせ
カラー印刷で、2色以上のインキを重ねて刷ること。2色刷りでも、掛け合わせの度合いによって多くの色を表現できる。印刷の基本4色である、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)を掛け合わせることで、あらゆる色を再現することができる。通常のフルカラー印刷はこの4色の掛け合わせによってすべての色を表現している。
仮想メモリ
パソコン内のメモリ(RAM)が不足した場合に、ハードディスクの空き領域をメモリの代用として使用することができるが、その時に使われるハードディスクの領域のこと。
紙のサイズ
日本で使われる主な紙のサイズには、A判、B判、菊判、四六判がある。本など印刷物のサイズを決めるときは、これを基準にすることが多い。
紙見本(かみみほん
製紙会社が作る、いろいろな種類の紙を綴じた紙の見本帳。ある種類の紙の重さ違いや色違いのものが一冊に綴じてある。紙の名前やカラーの印刷見本が刷りこんであり、インキの乗り方や発色も確認できる。
カラー印刷
2色以上のインキを使う印刷。2色刷りでも、色の掛け合わせによって色数を多く見せることができる。同様に、無限の数色があるように見えるフルカラー印刷でも、多くは4色のインキを重ね刷りする4色刷りである。2色や4色はそれぞれ2C、4Cという表記で色数を指定することがある。
カラーカンプ
色付きの仕上がり見本のこと。単にカンプということもある。カンプは詳細なレイアウト見本を意味するcomprehensiveを略したいい方。コンプともいう。写真やイラストのダミーを用意して最終的な印刷物に近い仕上がりイメージを見せることにより、デザインが企画・編集意図に沿ったものであるかどうかの検討や、クライアントの承諾を得るためなどに作成する。
カラーチップ
インキメーカーが作成している、特色カラーインキの色見本帳のこと。特色をベタ刷り(100%の濃さ)で刷って綴じた色見本帳として、画材店などで販売している。ミシン目で切り取ると小さなチップ(カラーチップ)になる。
カラーチャート
CMYKのプロセスカラーで色指定をする際に参照する色見本表のこと。プロセスカラーチャートともいう。CMYKの4色の組み合わせを段階的に組み合わせて、標準的な用紙とインキで刷り重ねた色を系統的に配列した色見本。
カンプ
=カラーカンプ
キロバイト
パソコンの情報量の単位。1KB=1024バイト。1バイトは8bitからなり、半角英数字1個分の情報量である。したがって、1KBは半角英数字にして1024文字分、全角仮名・漢字は2バイトなので512文字分の情報量ということになる。
クォーク・エクスプレス
連続した階調のこと。濃い色から薄い色へと階調を連続的に変化させて、ぼかした効果を出す製版処理ならびに、その製版指定を指す。
グラデーション
色分解してフィルム出力するデータで、トンボの外側に配置しておくCMYK各色の玉こと。それぞれにはCMYKの文字も入れておく。
グラフィックデザイン
平面上に展開される情報伝達において、美的な視覚効果を考慮に入れて構成されたデザインの総称。エディトリアルデザイン、ブックデザイン、広告・宣伝デザイン、パッケージデザインなどがある。
グリッド
ページレイアウトの補助として一定の法則に基づいて引かれる格子状のガイドラインを指す。これを基準にテキストや図版を配置することで、デザインにまとまりと統一感をもたらすことができる。
グループ化
レイアウトソフトで、複数のアイテム(オブジェクト)を一度に選択し、まとめて移動やサイズ変更ができるようにすること。
グレイスケール
黒から白までの間の、グレイの階調のこと。
毛抜き合わせ(けぬきあわせ)
写真類や色面などを隣り合わせに配置するとき、境目がないようにぴったりくっつけてレイアウトすること。製版の際に、髪の毛ほどの隙間もないほど正確に合わせることからきた名前。色の上にさらに別の色の文字を乗せる場合に、色を重ねるノセにせず、下の色を文字の形にくり抜いてから乗せる抜き合わせを毛抜き合わせとよぶこともある。
見当合わせ(けんとうあわせ)
印刷物の天地・左右の中央を示す位置に置くマーク。カラー印刷の際にはこのマークがきちんと重なり合うように刷ることでずれを防ぐ。
校正(こうせい)
校正刷りを原稿および指定と照らし合わせながら間違いをチェックし、直しを指示する作業。
コート紙
印刷用紙のうち、表面に光沢が出るように加工した「塗工紙」のひとつ。両面1平方メートルあたりに20g前後の塗料を塗った紙のグループをいう。アート紙に次いで高価な用紙で、美術書、ポスター、パンフレット、またカラーページに使われる。
ゴシック
明朝のようなウロコはなく、縦横の線のめりはりもない。欧文書体のサンセリフ系(セリフのない書体)の文字に似せてデザインされている。
コントラスト
上画像の明暗の対比。明暗の差が大きいことを「コントラストが強い」、差が小さいことを「弱い」という。