ホーム > 印刷用語辞典(A〜L)

印刷用語辞典

  • あ〜お
  • か〜こ
  • さ〜そ
  • た〜な
  • は〜ほ
  • ま〜も
  • やらわ行
  • A〜L
  • M〜Z
  • 記号・拡張子
Acrobat(アクロバット)
レイアウトソフトで作成したページデザインや文書ファイルなどの書式をそのまま保持しながら、データをPDFという圧縮ファイル形式に変換、加工するアプリケーションソフト。
Acrobat Reader(アクロバット・リーダー)
Adobe Acrobatを公正するソフトウェアのひとつ。PDFファイルを読むに使用する。これは無料でダウンロードでき、自由に配布することもできる。
ATMフォント(エイ・ティー・エム・フォント)
システム内のビットマップフォントは、特定のサイズだけきれいに表示できるようになっているが、それ以外の大きさで表示されるときには輪郭ががたがたした汚い表示(ジャギー)になってしまう。ATMフォントはこれを解消するために用いるもの。
bps(ビー・ピー・エス)
コンピュータ通信において1秒間に送受信できるビット数のこと。通信速度。この値が大きい方が通信速度が速い。
CMYK(シー・エム・ワイ・ケイ)
カラー印刷に使う基本の4色、cyan(シアン)、magenta(マゼンタ)、yellow(イエロー)の頭文字とblack(ブラック)の最後のkをとった言葉。
CPU(シー・ピー・ユー)
コンピュータのなかで、計算そのものをおこなうチップ。中央演算装置ともいう。このチップがメモリからデータを取り出して、演算をし、その結果をメモリに戻すことで、コンピュータを動作させている。
DIC(ディック)
大日本インキ化学工業のカラー印刷用特色インキの名称。色数は1,280色。
dpi(ディー・ピー・アイ)
スキャナや出力機の解像度を表す単位。1インチあたりいくつの点(dot)を使って画像や文字を再現しているのかを表している。72dpi、350dpiなどのように使う。
DTP(ディー・ティー・ピー)
Desk Top Publishingの略。 原稿の入力やイラストなどの制作、組版・レイアウト、出力までの作業を一般に普及しているパソコンで処理することができるシステムのこと。
EPS(イー・ピー・エス)
画像ファイルの保存形式のひとつ。米アドビシステムズ社 がPostScript対応の出力機器で出力することを前提として開発した。EPSFともよばれる。DTPでは、最終的に印刷物として使用する画像や線画の標準的なフォーマットとなっている。
Ethernet(イーサネット)
パソコンやワークステーション向けLANの標準的な規格。
Excel(エクセル)
マイクロソフト社の高機能表計算ソフト。
FireWire(ファイヤー・ワイヤー)
アップルコンピュータ社が開発した高速シリアルインターフェース。データ転送速度は100Mbps、200Mbps、400Mbpsの3種類で、SCSIより数倍速い。
Flash(フラッシュ)
マクロメディア社のWeb用アニメーション作成ソフト。
FreeHand(フリーハンド)
Adobe Illustratorとほとんど同じ機能を持つ、マクロメディア社のPostScriptドローソフト。
GIF(ジフ)
8bit color(256色)の画像ファイルの形式。最終的に印刷物として出力には不向きであるが、データが軽いなどの理由から、インターネットではよく利用されている。
HTML(エイチ・ティー・エム・エル)
Hyper Text Markup Languageの略。Webページを作成し、ハイパーテキストを生成するためのプログラム言語。HTMLは世界標準のドキュメント方式であるSGMLに基づいており、テキスト形式の文書にタグ(マーク)を付けることによって、HTML文書を作成する。
Illustrator(イラストレーター)
正式にはAdobe Illustrator。ページレイアウトソフトのQuarkXPressやPageMaker、およびPhotoshopと並び、DTP三種の神器といわれるほどに普及している。
Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)
インターネット上のサービスを利用したり、HTML文書を見たりするための、マイクロソフト社のブラウザソフト。最も普及している。
JISコード(ジス・コード)
JIS(日本工業規格)が定めた文字の規格のうち、全角の漢字や仮名などをコンピュータ上で扱うためのコード体系。日本語の文字ひとつひとつにコード番号を割り当ててある。
JPEG(ジェイ・ペグ)
画像ファイルの圧縮・伸張フォーマットのひとつ。国際的に静止画像の圧縮規格の標準となっており、Macに限らずWindowsやUNIXなどとも直接やりとりができる。そのため、GIFと並んでインターネットでよく使用されるが、256色を使っている画像ならGIF、フルカラー画像はJPEGと使い分けられている。
LAN(ラン)
SOHOや企業内ネットワークのように限られたエリア内に構築するコンピュータネットワーク。
lpi(エル・ピー・アイ)
製版用スクリーンのきめ細かさを表わす単位で、「線」ともいう。「70lpi」、「70線」などと表す。